スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

骨盤底の不思議〜カラダ勉強会「もっと知りたい」骨盤帯のバイオメカニクスの報告

先週の土曜日に開催したカラダを考えるスキルアップ勉強会の報告です
2回目も同じ内容で開催しました
メンバーが違うのでこれもまた違った雰囲気です

しかし、わかりにくいところ、疑問に思うところは同じところのようです

骨盤帯の安定とは何か…

この辺りのメカニズムがわかりにくいのは、
ひとつには、腹側も背側も筋膜で結びついて構造が複雑なこと。
骨盤だけを単独で考えるのでなく、股関節、腰椎が連動して動くので
複合体として機能的にとらえる必要があります

そして、骨盤底の構造の複雑さ
骨盤底というと、骨盤底筋だけに注目してしまうのですが、
他の関節と同じように靭帯、筋膜等の結合組織がとても重要な役割を果たしてます
しかし、他の関節との違いは…
中が空洞の臓器を支えて、排泄を調節するという外界との隔離をする重要な機能
靭帯、筋膜、筋肉、臓器が絶妙に引っ張り合ってバランスをとっているのですね
骨盤底の不思議がますます奥深くなっていきます

とくに靭帯や筋膜等の結合組織が出産でダメージを受けやすく、
引っ張り合いのバランスがくずれると、
尿失禁や骨盤痛、性器脱など、さまざまな問題を起こしてくる

そのような問題を持ったクライアントさんにかかわることが増えてきました
でも実際に理学療法士やインストラクターのところに行き着かないでなやんでいる方も多いのではないかと思います

まだまだ研究中の、解明されていないことの多い分野ですが
さらに勉強して、最新情報を取り入れながら
わかりやすくお伝えして行けたらと思います。

IMGP0361_convert_20140514230725.jpg

IMGP0375_convert_20140514230805.jpg

IMGP0380_convert_20140514230835.jpg

次回の勉強会は7月初旬の予定
膝関節の疾患を予定しています

スプリングスピラティススタジオ 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://physiomind.blog.fc2.com/tb.php/125-608e80b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。