スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

新年のお菓子を堪能、ガレット・デ・ロワ

年が明けた直後のレッスンは、お正月をどう過ごしたとか、こんな美味しい物をたべました、という話題に花が咲きます。
その中の一つで、目白にお住まいのクライアント様から、
目白のエーグルドウースのガレット・デ・ロアが素晴らしいから絶対食べてみて!と言われて以来気になって、
季節物なのでこれは逃してはいけないと思い、今日レッスンの合間を縫って買いに走りました。

このお店は、目白通りをスタジオからさらに5分ほど歩いたところにあるケーキショップ。
フランス菓子のお店で、素敵な雰囲気で生ケーキも種類抱負で美味しいのですが、
ちょっと変わった細長い焼きケーキが多いのも特徴。

ガレット・デ・ロアはフランス発祥のキリスト教の公現祭(1月6日)が期限のお菓子。
フランスでは年が明けると一斉にお菓子屋さんの店頭に並び、
家族や友人が集まると皆で切り分け、新年の幸せを祈ります。

パイの中にアーモンドクリーム。
それと、小さい陶器の人形が隠されていて、当たった人は王様として祝福されます。
なので、ケーキには紙製の王冠がついて売っています。

写真 のコピー


なるほど!美しく描かれた表面の模様、
砂糖がけしたパイの表面が切り分けるときにさくっと音をたて、
皆で盛り上がりながら食べると、私が当たりでした。

写真 のコピー 2

パイの生地が繊細で中のアーモンドの生地はしっとり。
あっさりしているけど、ゆっくり丁寧に味わいたいケーキです。
毎年の恒例になりそうです。






 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://physiomind.blog.fc2.com/tb.php/115-5b628ed2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。