スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

Brentのワークショップに参加してきました

12月のカレンダーをめくったと思ったら、あっという間に最後の週です。
何かと忙しい12月ですが、最後までびっしり予約をいただいております。
風邪で体調を崩された会員様もいらっしゃいますが、皆さん忙しい中も、
比較的ペースを変えること無くきていただけるので、私たちも張り切っていますよ!

写真

明日はクリスマスイブですね。
スタジオにクリスマスらしい飾り付けはしていませんが、
フラワーデザイナーのクライアント様からいただいたプリザーブドフラワー
真っ赤なバラがクリスマスカラーで、華やかな雰囲気にしてくれます。

写真 のコピー

さて、土日は2日間お休みをいただき、
先週末に福岡までPolestar Pilates創始者のBrent Anderson氏のワークショップに行ってきました。
急遽開催が決まったので、日程調整がうまく行かずバタバタ移動でしたが、
内容は慢性疼痛に対する心理的アプローチ。
またひとつ自分を見つめ直す機会となった、Brentの心温まる素敵なワークショップ。
印象的な言葉、心にいっぱい刻み込んできました。

1472972_688143461218810_1259567216_n_convert_20131224002857.jpg

1538766_689169791116177_675057239_n_convert_20131224003206.jpg


 
スポンサーサイト

「知っておきたい腰の疾患」カラダを考えるスキルアップ勉強会終了!

昨日の、第5回カラダを考えるスキルアップ勉強会の報告です。
今回のタイトルは「知っておきたい腰の疾患」
スプリングスのMasakiインストラクターが講師です。

まず第1部として脊柱の機能解剖、運動学。
なぜ呼吸が脊柱の動きを促すのかがわかると、エクササイズでなぜここまで呼吸を強調するのかに結びつきます。
また、複雑な脊柱の筋肉の走行や筋膜の役割を理解していくと、
とくに腹横筋、多裂筋等のコアの筋肉をきたえることがなぜ腰部の疾患にとって重要なのか。
そしてどこの動きを改善してどこを安定させれば良いかがわかってくると、
どのエクササイズをどのように指導するべきかに結びつきます。

IMG_0970_convert_20131210010343.jpg

そして第2部として脊柱管狭窄症、腰椎分離滑り症、腰椎椎間板ヘルニア等の、身近な疾患のメカニズムと病理。
クリニックでの実際の脊柱管狭窄症の症例の写真や映像で、
具体的なアプローチの実際を紹介しました。
症状の重い脊柱管狭窄症の症例でしたが、姿勢と歩行の変化がわかりやすく、
経過を追ってのアプローチが、よりイメージしやすかったようです。

IMG_0975_convert_20131210010528.jpg

休憩を挟んで、ペアになって紹介したエクササイズを実際に指導の練習。
インストラクターにはすっかりおなじみのベーシックなマットエクササイズですが、
ただしく導いて行かないと症状の悪化につながりかねない。
どこをどのように固定して、どこの部位動きを引き出すか、より繊細にみていくことで、
痛みの経験を最小限にして、よい運動経験を増やし、正しいカラダの使い方を身につけることにつながります。

実際に狭窄症やヘルニアのクライアント様を担当されているインストラクターの参加者も多く、
明日からの指導に、非常に役立った、勉強になりましたとの感想を聞くことが出来ました。

IMG_0981_convert_20131210010751.jpg

IMG_0976_convert_20131210010638.jpg

IMG_0982_convert_20131210010944.jpg

第5回カラダ勉強会1_convert_20131210011608

参加者の皆様、活発なご質問やご意見、ありがとうございました!
次回の第6回は、「股関節痛へのアプローチ」というテーマで
来年の2月23日に開催します。
詳細はスプリングスのホームページをご覧下さい
スプリングスピラティススタジオ
 

今週末「カラダを考えるスキルアップ勉強会」の準備

今週末に控えた第5回カラダを考えるスキルアップ勉強会、
昨日は講義を担当するMasakiインストラクターと当日の打ち合わせ。
資料も大まかに出来上がり、実技の内容を確認していきます。

疾患に対する理解を深めていくこと、
これがこのスキルアップ勉強会の一番の目的です。
もちろん実技もしていきますが、メカニズムを理解していくことで、
より安全に効果的に、そして個人にあった方法が考えられるように。

今回もわかりやすい、充実した資料をがんばって作成しています。
実技はベーシックなものですが、どのように用いるかがとても大切です。
症状のある方へのアプローチの仕方を実際にペアで実践してみます。

気軽に質問や意見を聞きながら理解を深め、
日頃の疑問が少しでも解決できるような充実した勉強会になるといいなと思います。

さて、先週土曜日に到着した骨格標本も存在感たっぷりにスタジオで待機しています。
すぐ手に取れるとこころにあると、クライアントさんが気軽に触って
私はここがすり減っているのね!など、実感してくれるようです。

写真

今後の勉強会は、
次回は股関節疾患、その後も身近な整形外科的疾患を計画しています。

また、これとは別に運動指導者向けに、解剖学だけのスモールセミナーのシリーズを計画中です。
日時内容が決定したらご案内していきますので、
ウェブサイトをチェックしておいてくださいね!

スプリングスピラティススタジオスプリングスピラティススタジオ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。