スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

「女性のカラダと骨粗鬆症」勉強会の報告です

 先週の日曜日は1日中強い雨という悪天候にもかかわらず、勉強会に参加していただき参加者の皆様ありがとうございました!
「女性のカラダと骨粗鬆症」というタイトルで、前半は「私のクリニック目白」という女性専門の総合診療のクリニックの整形外科医の大井先生の講義です。

 骨粗鬆症の疾患メカニズムについて理解して行くと、いかに骨粗鬆症が高齢者の問題でだけではなく、
一生のサイクルの中でどのような食事、生活習慣、運動の習慣が影響しているか、他の病気との関連、遺伝的要素など、総合的にとらえて行かなくてはならないものだというのがわかります。
 
 なかでも、女性ホルモンとの関係など、女性にとって非常に興味深い知識。
どのような人が骨粗鬆症になりやすいか、私たちがどのようにチェックできるか、
そして外来での一般的な検査について。

最新の薬の情報について、何を目的に、どのように使用するか。
どのような問題が起きているか。

インストラクター自身の健康はもちろん、女性のクライアントさんが多い私たちにとって
骨粗鬆症について知っておくべき知識が充実の2時間でした。

IMG_0955_convert_20131025085828.jpeg


こちらは最新の薬の投薬の仕方について、
実物を持参して説明中の大井先生。

IMG_0957_convert_20131025085853.jpeg


ブレイクを挟み、後半は私が担当で、骨粗鬆症のグループエクササイズを体験していただきました。

CIMG1691_convert_20131025085724.jpeg

まださらに実践を積んで効果を検証して行く必要があると思いますが、
何をしてはいけないかという、動きの制限をふまえた上で、
必要な要素を厳選してエクササイズを組み立てます。

CIMG1697_convert_20131025085752.jpeg

骨粗鬆症だからこそ鍛えたい要素を取り入れたエクササイズ、
以外にハードなんですね、との感想もちらほら。
ちゃんと鍛え、続けていると、一般女性の苦手なPush Up系の腕でしっかり体重を支えるエクササイズも
片足でバランスととりながら足をスイングするエクササイズも、
見違えるようにできるようになります。

背骨がこれ以上曲がらないようにする、転倒を防ぐ、自分の足で歩いて好きなところへ出かけて行く。
それをサポートするのが私たちインストラクター。

今後も最新の情報を提供できるように、骨粗鬆症に関するテーマでまた勉強会、ワークショップを開催して行くつもりです。

次回の第5回カラダを考えるスキルアップ勉強会は12月8日に開催予定です。

 
スポンサーサイト

第4回スキルアップ勉強会「女性のカラダと骨粗鬆症」の準備

いよいよ第4回カラダを考えるスキルアップ勉強会「女性のカラダと骨粗鬆症」
今週末に迫ってきました。
今回は1周年として、私のクリニック目白の整形外科医師の大井先生に講義をお願いしています。
スタジオとは徒歩2、3分の場所にあり、(クリニックは目白駅のすぐそば)
スタジオオープン以来お世話になっている女性専門のクリニック。
運動の面からのサポートということで、スタジオとして協力させていただいております。
女性特有の悩みや不調を相談しやすい雰囲気、院長の平田先生、整形外科医の大井先生。
お二人とも魅力的で優しく、遠方から多くの患者さんがいらっしゃるのがよくわかります。
私のクリニック目白のホームページはこちらから

先週の土曜日に大井先生との打ち合わせが終わり、後は資料の仕上げに取りかかっています。
私は後半の骨粗鬆症向けのエクササイズを担当。
今回は実際のクライアントさんに写真のモデルをお願いしたら、快く引き受けてくださりました。
「写真とるならさぼれないじゃない!」なんていいつつ、しっかり頑張ってくれました。

IMG_0775_convert_20131016225356.jpg

大井先生とも、こんな勉強会にしたいね!という思いが一致して、
質問、意見どんどんOKの、和気あいあい楽しい勉強会にしてききます!
聞きやすい雰囲気、積極的に参加してもらえる、そんな中でみんなでスキルアップしていく勉強会です。

キャンセルがありましたので、あと3名の空きがあります。
骨粗鬆症に興味のある方、運動に関わる資格をお持ちの方ならどなたでも参加していただけます。
お問い合わせはスプリングスのメールアドレス、お電話へどうぞ。
info@springs-pilates.com 03-3952-5580

スプリングスウェブサイトはこちら

スライド1+のコピー_convert_20131016225440 

仙南病院ピラティス勉強会、teachingの進歩

首都圏直撃の台風26号が過ぎ去ったばかりの朝です。
昨日のうちに本日の午前のクラスを休講にさせていただき、スタジオは午後からオープンです。
まだ首都圏の鉄道は運転見合わせや遅れで乱れていますね。

月曜日から今日まで、Polestar Pilatesの認定試験があり、
受験生、代官山のスタッフ、Educatorの皆さん大変だったと思います。
スタジオには昨日も遠方からのコース生ペアが直前のチェックに訪れてくれましたが、
おしゃべりしながら緊張もほぐれ晴れやかな笑顔を送りだし出来ました。
その夜の吉報でガッツポーズ。
その後も何人か吉報メールをくださり、嬉しいことがつづいています。

さて、前後しますが日曜日に伺った仙南病院でのピラティス勉強会の様子です。
午前中はマットクラスで、骨粗鬆症向けのマットエクササイズ。
実際に高齢者に応用するのに、取り入れやすい内容とのことで。

体幹ニュートラルを保つための意識はもちろんですが、
少しでも円背の進行を防ぎ、二次的な内蔵の圧迫、呼吸機能の障害を防ぐことで
健康状態をよくすることが高齢者にとって必要です。
脇を閉めて手で押し上げ、足を踏ん張り全身を使って背を伸ばす。
下肢の筋力アップを単独で行うだけより、意識の方向を変えるだけで
効果的に立位姿勢が改善します。
これをわかりやすく伝えることがポイントです。

そして
午後は、それにつながるエクイップメントのエクササイズを取り入れつつ、
チャレンジのエクササイズが続きます。

コースが終了して試験までteaching練習中の阿部君に
2つデモンストレーションしてもらいました。
あらためてエクササイズの効果や強調点をわかりやすく説明しながら
みんなの前で教える機会は、teachingの力をつける絶好のチャンス。

遠方であまり頻繁に通えないかわりに、コツコツ練習を積み重ね、スタッフに指導練習。
でもしっかりした口調でポイントを押さえ、タクタイルも良い感じに出来ています。
これからの成長が楽しみです。

IMG_0710_convert_20131016095722.jpg

IMG_0715_convert_20131016132105.jpg

次回は12月に伺います。



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。