スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

仙南病院ピラティス勉強会、2013ねん4月14日

今日の仙南病院勉強会、仙台も非常に暖かくていいお天気。
いつも迎えに来ていただく白石蔵王は桜が満開とのことで、行く前からすごく楽しみでした。

さて、今日は骨盤底の機能解剖を確認しながら、実際に本当に使えているかをどのように判断したり、
どのように、正しい使い方を理解してもらうかを
実際の触診やエクササイズを教え合うことで体験していくことを午前中に行いました。

股関節分離のすごくシンプルなエクササイズなのに、骨盤底をきちんと使うことを意識すると
すごく大変ですね。
実際の臨床の場面でも、いつも感じていたのは、
自分が出来て、実感できて初めて指導することが出来る、ということ。

さて、午後からは初めてのエクササイズを多く取り入れてみました。
今までにやった別のエクイップメントのエクササイズが、
他の部位にチャレンジになったり、負荷のかかり方や使い方が変わったりしていくのが
わかってきていると思います。
写真 のコピー

よりバランスにチャレンジししたり、
スプリングの強さを変えることでどこに効くか変わることを実感。
写真 のコピー 3

ある人には簡単にできるエクササイズが、難しくなるのはなぜかを考えて
より効果を出すためのモディフィケーションを考えます。
それでも確実に、徐々に皆さんのからだの使い方がが変わって行くのがわかります。
次回はちょっと難易度の高い、パラキートに挑戦してみようかな?

写真

送っていただいた船岡駅は桜が満開。
近くの船岡城趾公園にお花見に来た人たちで東北本線は満員。
気分が悪くなって倒れてしまった方もいらっしゃいました。

写真 のコピー 4

次回は6月30日に参ります。

 
スポンサーサイト

Springs Has Come Eventご報告!

日本列島に嵐の吹き荒れた先週末、Spring Has Come Eventを開催しました。
風はまだすごかったですが、雨は上がってスッキリとした青い空が拡がり、
”晴れ女”がいっぱいいるから…
無事に皆さんにお集まりいただけました。

春が来た!というワクワクした気持ちと、何か新しいことを始めたい、
でも、カラダを動かすのは 久しぶり…
2時間でもちょうどよい運動量になる組み合わせで2つのレッスンを楽しんでいただきました。

そしてこの組み合わせの理由はもう一つ。
bodyARTをスタジオでのレギュラーレッスンに取り入れるきっかけとなったのは、
最初にHirokoインストラクターがbodyARTに興味を持って、
「ピラティスで学んだカラダの使い方を応用するのにすごくぴったりなエクササイズだと思います、
是非一度やってみてください!」
と、JImmyを紹介されたのが私のbodyARTとの出会い。

これからbodyARTのよさを深く、じっくり広めていきたいと、日本を活動の拠点に選んだJimmy、
bodyARTとPilatesをつないでくれて、自らもbodyARTの知識を深めようと勉強を始めたHirokoインストラクター、
そしてPilatesのレッスンとの相乗効果が狙えるよう、Springsのお客様のためのbodyARTクラスをやってほしいと要望する私とで、
3人の気持ちが一つの方向にまとまり、SpringsでのbodyARTクラスが誕生しました。

今回のイベントでは2つのエクササイズの共通点やつながりを皆さんに感じてほしいという気持ちから、
bodyARTのコンセプトをよく理解したHirokoさんがPilatesを担当、
JImmyのbodyARTではよりダイナミックに、バランスやコアコントロールにチャレンジでしたが
大きな動き、早い動きになっても軸がぶれないで出来ることの気持ちよさを実感していただけたと思います。

写真 のコピー 3

写真 のコピー 4

レッスンが終わった直後の集合写真です。
日本式にピースサインをお願いしました。

写真

今回はbodyARTをグループレッスンから続けていらっしゃる会員様、
PilatesはやっているけどbodyARTは始めての方、
bodyARTインストラクターの資格をお持ちの方等、
様々な方にお集まりいただきました。
本当にありがとうございました!

またSpringsでは、普段のレギュラーレッスンは時間の都合で難しい…
という方にも気軽に参加していただける日曜日のbodyARTワークショップを企画しています。
ウェブサイトでご案内いたしますのでチェックしておいてください!

写真 のコピー

スプリングスピラティススタジオ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。