スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

『カラダを考える スキルアップ勉強会」終了しました!

今日は第1回目の『カラダを考える スキルアップ勉強会」
日曜日の午後に皆さん、集まってくださり、ありがとうございました!

理学療法士や作業療法士、ピラティスインストラクターだけでなく、
運動指導に関わるいろいろな職種の人たちが一つのテーマに沿って議論できる、
ざっくばらんに話の出来る雰囲気の勉強会をしていきたいと思っていました。

前回の骨盤底の勉強会に続いての参加の方、
そしてブログやホームページ、紹介等を通して始めてスプリングスに来ていただいた方も。

インストラクターとしてのキャリアをスタートしたばかりのMasakiインストラクターが、
まず「体幹の機能と機能障害」の講義から。
一番身近なテーマなのにわかりにくいことも多い、体幹。
難しいことをわかりやすく説明する、かなり大変な作業です。
詳しくやったらきりがないけど、
理解していきたいところをきちんと押さえて、すごくわかりやすいスライドを作って来てくれました!
理学療法士としての経験を織り交ぜながらの話も、
説得力がありました。

後半は私の方で、骨盤底の機能がどのように体幹の安定に関与しているかを
まずスライドで説明して、メカニズムを確認していきます。
そして腹横筋、骨盤底筋の触診の実技。
骨盤底筋を体幹安定のメカニズムの一部として使うことを、
非常にベーシックなエクササイズを通して確認します。

こんなに優しくでいいんですね、
だからこそ力まないでリラックスして出来ることが重要ですし、
非常に集中力を必要とするエクササイズです。
そして、骨盤底のシステムが働くには股関節の機能が正常であることが非常に重要
なかでも股関節深部外旋筋がリラックスして働くこと。
腰痛や股関節に問題のある方を経験して来ての私のかんがえですが、
皆さんにエクササイズをとおして実感していただけたようです。

活発に意見交換できて、質問もしやすい。
これからも気軽に参加していただける勉強会として2ヶ月に1回くらいのペースで
続けていきます!

スプリングスのウェブサイトやこちらのブログにアップしますので
時々チェックしておいてください。

写真

スプリングスピラティススタジオ




 
スポンサーサイト

股関節の痛みとピラティス

医療機関や知り合いインストラクターからの紹介で、
最近多くなってきたのが、股関節の痛みを抱える方。

変形性股関節症と診断されてリハビリの経験のある方、手術をすすめられたけど踏み切れずどうしようか
と悩んでいらっしゃる方、医師からピラティスをすすめられてというケースも。

そこまででなくても、スポーツやちょっとした日常動作の際に
股関節に違和感を感じたり、特定の動きで痛みがあったり。
固い、つまる感じ、体重が乗らない、訴えもいろいろです。

下の図のように、股関節はボールのような形の大腿骨頭とソケットのような形の骨盤のくぼみ(臼蓋)でできており、
全体重を少ない接点で支えながら、大きな動きができるような構造です(球状関節といいます)。
これだけみるとぐるぐる回っていっぱい動きそう!
股関節は肩関節同様、この形状のため分回しという円を描くような運動が出来るのです。

ill_jnt2a01a.jpg

でも実際には体重を支え、動きを生み出し、過剰な動きをコントロールするために筋肉がぐるぐるとついているので、
筋肉がバランスよく働いていないとスムーズな動きになりません。

大腿骨頭は内側に向かって傾斜しているので、思っているよりも
股関節って身体の中心部に近いんです。
だから意外に意識しにくいのかも。
どうやって力を抜いていいかわからない
動かし方が難しい関節です。

そこで、ピラティスでは股関節の動きを改善して痛みや違和感を改善するために
どのようにアプローチしているかというと、
まず最小限の力で股関節をコントロールできるように意識するエクササイズから始めます。

ポイントは、
1受け皿としての骨盤をいかに安定させるか
2ごくわずかな動きから始めて徐々に大きく、全ての方向に
3滑らかでスムーズな動きをイメージしながら

たとえば写真のようなリフォーマーというマシンを使い、
太ももをスリングで牽引して股関節にかかる負荷を減らし、
体幹を安定させることに集中しながら、
徐々にアシストからアクティブな動きへと導きます。

変形性股関節症で痛みが強く、動きを改善したいという方にこそ、
試してほしいです。
痛み無く股関節を動かせる経験の積み重ねが、
時間はかかるけど機能の改善につながっていきます。

IMG_0290+2_convert_20130322005712.jpg

まだまだピラティスって身体を鍛えるエクササイズのイメージが強く、
リハビリとしての活用が浸透していないのが現状です。
こんなに痛いのに、動けないのに行っていいの?という声を良く聞きますが、
痛いから、動けないからこそ来てほしいです。
ピラティスがもっともっと身近になるように。
今日もクライアントさんに精一杯向かい合います。

スプリングスピラティススタジオ
 

「カラダを考える スキルアップ勉強会」のお知らせ

やっと実現!!
スタジオが出来たらやろうと思っていた勉強会の開催。

カラダを考える スキルアップ勉強会 を企画しました!

ピラティスインストラクターだけでなく、運動指導を仕事にしている方ならどなたでも参加していただける、オープンな勉強会です。

インストラクター、トレーナー、理学療法士等、いろいろなバックグランドの方が集まることで、日頃の臨床や運動指導における疑問を解決したり、お互いの得意分野を生かしながら、スキルアップをしていこうと言う趣旨の勉強会です。

こんなことを教えてほしい、こんなことを考えているけどみんなの意見を聞いてみたい、こんなことをシェアしたい、などなど、気軽に発言できて気軽に参加できる勉強会です。

毎回テーマを決めて、2ヶ月くらいの開催を検討していますが、とりあえず第1回は、体幹について。

一番なじみがあるようで、体幹とその一部である骨盤底の機能を明確に分かっているとは言えない人も多いのではないでしょうか?

それもそのはずです、いろいろな研究がされているけど、掘り下げれば掘り下げるほど難しい分野。

しかし、そこを再確認することで、なぜ脊椎の問題が生じるかがわかってきます。

するとどういうエクササイズをしたらいいか分かるはず。

そしてもっとも大切な、どのようにエクササイズをするかということ。

カラダの専門家として身につけたい、体幹に関するスキルをアップしましょう!

日時 : 3月31日(日) 13:00〜16:30
場所 : スプリングスピラティススタジオ
参加費 : 5,000円
*インストラクター(ピラティス限らず)、トレーナー、理学療法士等、運動指導に関わる方なら誰でも参加していただけます

詳細はスプリングスのウェブサイトをご覧ください スプリングスピラティススタジオ

お蒸し込みはこちらへ、
info@springs-pilates.com 

PilatesとbodyARTでコラボ!Spring Has Come Eventのお知らせ

まだbodyARTって何?やってみたいけどどんなエクササイズ?
そして、
冬の間はカラダを動かすのがおっくうだったけど
そうですよね、寒いから筋肉が固くなっちゃったのかな?と感じる方は多いですよね。
そろそろ、縮こまった筋肉を伸ばして、ぐーんと伸ばしたい!

そんな方に是非参加していただきたいイベントSpring Has Come Eventを企画しました!
ピラティスで身体を伸ばし、bodyARTでもっとエネルギーを感じよう!

Pilates and bodyART

13:00〜13:50『Pilates with Theraband(セラバンド)』by Hiroko

14:00〜15:00『bodyARTTM Basic』by Jimmy

定員 11名 料金 6,000円(会員様はグループチケットが使えます)

クリスマス、新年のイベントともに大好評だったbodyARTTMのグループレッスンのイベント 今回は、より効果を感じていただけるようピラティスと組み合わせて春のイベントを企画しました。 まず、最初の50分で、Hirokoインストラクターがピラティスを担当。

セラバンドを使って身体のすみずみまでストレッチ、伸びを感じてもらいます。 そしてJimmyインストラクターの60分のbodyARTベーシック。

冬の間に縮まった身体を目覚めさせるようなエネルギーを感じるbodyARTのクラスを思いっきり楽しんでいただける内容です。

ベーシッククラスは、bodyARTが初めての方、ピラティスが初めての方でも楽しんでいただけます。年齢に関係なく参加が可能です。

newspringevent2013+のコピー_convert_20130306085016

詳細はスプリングスのホームページをご覧ください。
http://springs-pilates.com/

こちらのメールアドレスに直接お申し込みも可能です。
info@springs-pilates.com




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。