スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

# 骨粗鬆症リエゾンサービスの講座を受けました!

昨日は、新潟の朱鷺メッセで行われた日本骨粗鬆症学会の共同開催である
骨粗鬆症リエゾンサービスのレクチャーに参加してきました。

骨粗鬆症リエゾンサービス、これは聞き慣れない言葉ですよね。
リエゾンとは、連携するという意味。
医療関係では最近よく使われます。
潜在的な患者さんが非常に多いと言われる骨粗鬆症を少しでも減らして
ひいては骨折予防、転倒予防、要介護者の軽減につなげるため、
病院などの医療機関や地域で活躍する骨粗鬆症マネージャーを育成していこうと言う趣旨で
作られた機関なのです。

参加対象は、理学療法士、作業療法士、看護師、薬剤師、言語療法士、介護福祉士など。
実際に患者さんや骨粗鬆症の可能性のある人に接することの多い専門職ですね。

医師だけでは早期発見、治療の継続を進めるのは難しいのです。
みなさん、血圧が高いとなると、あわてて医者に行くけど、
身長が2センチ縮んだからいかなきゃって思わないですから。
転んで骨折してから骨粗鬆症って発見されるより、
しっかりした知識を持って、
転ばない身体を作ることが大事なんですよね。

予防、治療に大切なのは
食事、運動、薬物療法の3本柱。
どれも重要です。

ピラティスを教え始めた頃からずっと考えてきた、
骨粗鬆症にピラティス、はもちろんベースとなりますが、
もっとトータルに介入して連携につなげていけるような
私たちだから出来ること、実現できそうです。

一般の方を対象に、骨粗鬆症向けのワークショップを開催して
継続していけるよう思案中です。
詳細が決まりましたらホームページにアップします。

また、骨粗鬆症に関しての情報を知りたいインストラクターや理学療法士さんなど、
スタジオに資料をおいていますのでいつでも声かけてください。

写真 のコピー 3

写真

写真 のコピー
 
スポンサーサイト

グランドオープンを迎えて

先週19日水曜日に、ついにSprings Pilates Studioは
グランドオープンを迎えました!
本当にここまで大変だったけど、
多くの方に励まされ、助けてもらいながら無事スタートも切ることが出来ました。
本当に応援してくださっているみなさん!ありがとうございます!

その日は4つのハッピーなことが!

その日は早朝からリフォーマーマシンの搬入があり、
ついにマシンが全部揃いました。
白と水色ベースのスタイリッシュな外観は、
ピラティスマシンの常識を覆し、ポップというか、楽しそうですよね!
写真 のコピー

グループスペースには、これが5台並びます。
これからリフォーマークラス、始まりますよ!
10月第2週から順次スタートして、徐々に増やしていく予定です。
写真 のコピー 6

そして、二つ目、袖看板がつきました!
まだビルが外壁の補修工事中でシートがかぶせられているので、
窓の大きなSprings Pilates Studioの文字が見えないです。
初めてスタジオにいらっしゃる方からは、
ちょっとわかりにくい、とお聞きしています。
袖看板、すっきりして分かりやすいと思います。

そして、3つめ!
皆さんからずっとリクエストされていたホームページ、やっと完成です!
まだまだ、写真も新しくしたり、中身を充実させていきたいと思いますが、
これでもっともっと多くの人の目に触れていただけると思うと、
すごくわくわくします!
こちらです↓ 
Springs Pilates Studio Web サイト  

そして、私の誕生日でもありました。
インストラクター仲間がお祝いに駆けつけてくれました。
多くの方にも心のこもったメッセージをいただき、ありがとうございました! 
写真 のコピー 8


    
 

日本整形外科学会スポーツ医学学術会の出展お手伝い

9月14、15日とパシフィコ横浜で開催中の日本整形外科学会スポーツ医学学術会に
ピラティスラボがプレフィット(福岡スポーツ栄養クリニックとピラティスラボの合同会社)
として、企業ブースに出展しましたので
昨日はアシスタントとしてお手伝いに行ってきました。

医療の分野でピラティスをどのように導入し、活用していくか
指導者(理学療法士であり、インストラクターでもある)の目線で
実際にどういう使い方をして、クライアントにどのように受け入れられているかを
医師、理学療法士などの参加者にわかりやすく伝える
これが今回の私たちに与えられたテーマ。

限られたスペースで、一番小さいエクイップメントである
でもとても優秀なチェアを体験してもらうという訳です。

どのように体験してもらったかというと、
その人の専門をさくっと聞いて
たとえば脊椎分離症なら、脊椎屈曲のエクササイズで背筋をリリース、
そして胸椎伸展、回旋、側屈の組み合わせで腰部にかかる負担を減らすという目的で。
こんなに簡単に動かしたいところにフォーカスした動きができるんですよ。

高齢者対象の病院でしたら、高齢者にはこんな活用をしているとか。
あるいは実際、腰痛持ちの方には股関節分離とか。

そして皆さん、日常生活やスポーツの、この動きにつながるね、と
気づいてくださいます。
中には真剣にやっていただいて、汗をかきました、という方も。

ピラティスを身近に感じてもらうには、
ピラティスって難しいなーではなくて、
ああ、なんだ楽にできるんだね、が必要ですね。

残念ながら土曜日はお手伝いに伺えないけど、
養成コース卒業生の井上さんとコース生の牧野さんがお手伝いです。
武田先生が朝8時半からのシンポジウムで演者として発表するので
きっとそのあとは盛況だと思います。

534285_432823193422029_636914526_n_convert_20120915102541.jpg

283045_432823200088695_349081877_n_convert_20120915102702.jpg


写真 のコピー
 

ピラティス勉強会で仙台へ

今日は3ヶ月ぶりに仙台の仙南病院でピラティス勉強会でした。
ちょうど初めてアシスタントのNago君と仙南病院に伺ってから1年経ちます。

2、3ヶ月に1度しか伺えないのですが、
皆さんのエクササイズへの集中度が高く、
ずいぶんと動きが変わってきました。

以前は、この動きが苦手だ、動かないのが分かった、
という感想が多かったのですが、
前回くらいから、なるほどこういうことか、
という目的とするところがしっかり身体で実感できたという、感想が多くなりました。

指導していても皆さんの進歩が実感でき、
改めて一生懸命やってくださっていることがとてもうれしく思います。
そして、みなさんさすがセラピスト。
タクタイルが的確で上手です。

今日は腹斜筋の意識と回旋の動き、側方安定性、つながりを意識できること。
まずマットで脊柱を各方向に動かし、
この後マシンでおこなうエクササイズと関連づけていきます。
写真+のコピー+7_convert_20120909225552

伸展のエクササイズにも積極的にチャレンジして、
苦手意識から、もっと胸が広がるような気持ちよさを感じたと、
伸展エクササイズの効果を実感できたようです。
肩甲骨の動きとのつながりが大切ですね。
今までになく、身体の心からじんわり汗が溢れ出てきて、
なかなかよく動きました!
写真 のコピー 4

帰りは船岡駅まで送っていただき、
道中、黄金色に色づき始めた見渡す限りの田んぼの風景です。
ここで宮城のお米、作っているんですね。
夏の晴天が続いたので、豊作のようですよ。
写真+のコピー+5_convert_20120909225800
 

プレオープニング内覧会

8月31日のスタジオの内覧会をかねたプレオープニングには、
目白整形外科、理学療法士やインストラクター仲間など、約20人もの人が来てくれました。
入れ替わり立ち替わりで、皆さん仕事を終えられてから駆けつけてくださり、
残念ながら来れなかった方も多く、メールをいただいたりと、
多くの方にお祝いしていただき、本当に感謝です。

観葉植物や花、紅茶やワインなど、皆さんありがとうございます。
観葉植物は大きいので後日改めてご紹介を。
カウンターに並べたのはアレンジメントやプリザーブドフラワーです。
夏らしいカラーで一気にスタジオが華やぎました。
写真 のコピー 2

こちらは今後も継続してセッションを担当させていただく
ピラティスラボ代官山武田先生とスタッフから。
ピンク系で統一された大きなアレンジメントで
花器が葉っぱで覆われて流れるような美しいラインを描いています。
写真 のコピー

こちらは、ワークショップと養成コースの合間を縫って駆けつけてくれた
シンガポールのeducatorのDiego先生から。
中国のカリグラフィーの色紙。
ドラゴンでそれぞれ右上から生 意 興 隆 の文字
prosperity in businessを表す色紙で、商売やビジネスの成功を願って書かれたものです。
鮮やかな色使いで、とても生き生きとして、元気が出ます。
カウンターの後ろにおきましたので、スタジオにいらっしゃったら是非見てください。
写真 のコピー 3


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。