スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

養成コースS2R3終了

先週末は3日連続で、試験対策ワークショップと
養成コースのアシスタントをしてきました。

講師のeducatorは、シンガポールからDiego先生。
2年ぶりの日本だというのに、日本語が少し話せる!
日本語を習っていらっしゃるそうです。

シンガポールではPilatesはとってもポピュラーだそうで、
オーチャードロードというメイン通りにいくつものスタジオがあるそうです。
Diego先生もそこにPhysical therapy and Pilatesのスタジオをオープンさせたばかり。
大変だろうけど、自分のスタジオを作るって、すごいことだなと思います。
夢を実現した先輩として、学ぶべきことが多いです。

こちらがスタジオのホームページ。
クールな感じで画面もすっきりと分かりやすいです。
Core Fitness

さて、コースの方は
ちらっと日本語が混じりながら、
たくさんのエクササイズを効率よくわかりやすく説明していきます。

アシストは3回目になりますが、
いろいろなeducatorから本当にたくさんのものを得ることができます。
どうやったら分かりやすく教えられるか、
とても重要なことですよね。

今回のモジュールは、かなり実際のクライアントさんのセッションで
使う頻度の高いものばかり。
エクイップメントの利点を改めて感じます。
つまり、アシストされることによって
過剰な努力をしなくても
通常意識できないところが意識できるのです。
こうやってピラティスでは深部の筋肉にフォーカスしていきます。

養成コース生の身体の変化も少しずつ出始めて、
また新たな気付きがあり、皆さん、ピラティスの奥の深さを感じつつありますよね。
約1時間のサーキットトレーニングも、
見ている私たちの方もわくわくして、楽しく充実した2日間でした。

Thank you,Diego!





 
スポンサーサイト

雪の仙台でピラティス勉強会

22日の仙南病院ピラティス勉強会の報告です。
仙台では前日の土曜日に雪が降ったので
一面白一色の世界でした。

今回は仙南病院のスタッフが、新幹線駅の「白石蔵王」まで
迎えに来てくれました。

新幹線のみの駅ですが
日本の新幹線駅の中で一番乗降者数が少ないとか。
確かに私たちだけでした。
Maxやまびこしか止まらないようです。

白石はこけしの産地らしく
こんなビッグなこけしが迎えてくれます。
2012-01-22 09.11.59


近くに白石城があり、
伊達政宗の家臣だった片倉景綱(小十郎)氏が城主だったそうです。
これは片倉家の鎧でしょうか。
2012-01-22 09.11.53

今日のテーマは前回の復習と腰痛症へのアプローチ。
評価から始まって、腰痛のプログラムを立てていくとき
どんな要素が必要なのかを考えていきます。
これは立位での評価。
姿勢のチェック、アライメントの見方、Screening Testなども紹介していきます。
CIMG1149.jpg

腰痛の改善に必要な要素を一緒に考えていきながら、
実際のエクササイズを練習していきます。
CIMG1187.jpg

実際にエクササイズ終了後の評価では、
アライメントの変化、柔軟性の向上が確認でき、
「終わった後の身体の変化にびっくり」というコメントをいただきました。

きちんと評価ができて、始めてピラティスの応用ができます。
次回はもう少し評価の詳細を、と考えています。

次回は3月です。
仙南病院のスタッフのみなさん、本多先生、
アシスタントの名古屋君、お疲れ様でした!!






 

Stand Tall! Walk Tall!骨粗鬆症セミナー終了

昨日今日と2日間連続で、ピラティスの講義をする機会に恵まれました。
昨日は骨粗鬆症セミナー、そして今日は仙台の仙南病院勉強会。

まず昨日の埼玉のフィジオスタジオアクシスで行った
ピラティス×理学療法セミナー 「骨粗鬆症に適したエクササイズとは?」

みぞれの降る寒い中を参加してくださった皆さん、ありがとうございました!
当日は交通機関のストップと発熱で半日で帰られた方もいらっしゃって
参加人数は減ってしまいましたが。
少人数で実技がゆったりできて充実したセミナーになったと思います。

インストラクターの皆さんの意見で、
骨粗鬆症に関して勉強する機会が少ないとのこと。
ピラティスの養成機関でも、
禁忌事項の説明はあるが、なぜ禁忌なのか、
なぜピラティスが効果的なのか、
踏み込んではいないようです。

骨粗鬆症の方に、もっと来てもらいたい、
安全にできるようにしっかりと知識を身につけたい、
そんな熱意のある方ばかりで心強く思いました。
骨粗鬆症セミナー_0004

Sit Tall! Stand Tall! Walk Tall!
姿勢が良くなり背も高くなるピラティス!

記念撮影もポーズを決めて
骨粗鬆症セミナー_0005_edited-1

登ってしまいました。くせになりそうです!
コアすごく使う、全身のつながりが大切な気がする。
楽しいスタジオですね、長尾さんの気さくな人柄もあり、
居心地が良いですよ。
理学療法の経験豊かな長尾さんのもとで
身体に問題のある方でも安心してピラティスが受けられます。

骨粗鬆症セミナー_0006_edited-1

今後も、さらにリサーチ、経験を積みつつ、
このようなセミナーを展開していきたいと思います。

主催の長尾さん、アシスタントの近藤さん、ありがとうございました。
長尾さんのスタジオHPです
http://hw001.spaaqs.ne.jp/tomoka-nagao/index.html 

セミナー資料作成中

骨粗鬆症のセミナーまであと1週間です。
セッションの空き時間を利用して資料を作成中です。

前半の講義の中で使う資料の中心になるのが
日本骨粗鬆症学会と日本骨代謝学会が共同で出している
「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン」

2006年版を参考にしながら資料を作っていたので
昨年の骨粗鬆症学会に参加できなかったし、
データが新しいのがほしいなあと思っていたら、
タイムリーに12月10日に出版された2011年版、
メディカルオンラインで購入できました!

アマゾンでは一時的に在庫なしになっていたので、
セミナー前に手に入ってよかった!

今から、作成した資料を
2011年版をもとにして手直ししていきます。

今から読むの、楽しみ!
これが2011年版です。
デザインがスカスカの骨っぽくて怖いような…

2012-01-14 00.20.30

そしてこれは、2006年版
あまり目立たない感じ.
とてもとても、お世話になりました。

2012-01-14 00.21.21


明日明後日は、マニュアルセラピーのセミナーに参加します。
 

セミナーの準備

昨日は、21日に担当する骨粗鬆症のセミナーの打ち合わせに、
長尾さんのスタジオアクシスに行ってきました。

始めてお邪魔します。
池袋から東武東上線に乗って志木という駅で降ります。
8分くらい歩くと、一見おしゃれなカフェかしらと思わせる外観、
スタジオアクシスです。

広い道路に面して、ガラス窓から光がいっぱい入ります。
何といっても、山好きの長尾さんらしく
壁がロッククライミングの練習ができるようなっていて、
木がたっぷり使ってあって自然の香り。

21日が楽しみです。
アシスタントをしてくれるインストラクターで理学療法士の近藤さんも参加して、
和気あいあいと打ち合わせが進みました。

理学療法士の立場から、
いかに骨粗鬆症のリスクをわかりやすく説明しながら、
何のためにこのエクササイズをやるのかを、
臨床での経験と理論的背景を
しっかり伝えたいと思います。

日本では骨粗鬆症のピラティスの文献もなく、
英語の文献とただいま格闘中です。
骨粗鬆症のデータもなるべく最新のものを紹介したいし。
理学療法士さんにも、インストラクターの方にも
次の日から役に立ってもらえるような内容になるよう、
ぎりぎりまで頑張って練っていきますね!

長尾さんのスタジオはこちらです。
フィジオスタジオAxis 

今年の抱負

あけましておめでとうございます!!
今日からお仕事の方も多かったと思います。
私もピラティスラボで早速、今年初めてのセッションを担当してきました。

昨年は大震災があり、
改めて家族そろってお正月を迎えることのできること、
そしていつもと変わらない日常がいかに幸せかを実感する、
そんな思いで皆さん新しい年を迎えられたのではないでしょうか。

さて、私自身はお正月は神戸の主人の実家で迎えました。
これは主人の実家から、ぐぐっと15分ほど
坂を登りきったところにある、丸山公園からみた
神戸の街と港。
急な坂を息を切らして登って、この風景と気持ちよい空気!
大好きな場所です。

2012-01-02 12.33.37

いつも来るたびに(お正月が多い)
今年も頑張っていこう!と
今年はどんなふうに行こうかな,ととても前向きになれる場所。

2012-01-02 12.31.32

私の今年の抱負は…

昨年末にポールスターピラティスのメンターに昇格でき、
より責任を持ってサポートをしていかなくてはいけないと
強く感じています。
まだ少ない理学療法士のメンター、
一緒にトレーニングを始めたYuki.Yさん、Yoshiさんと3人で、
養成コース生のサポートをしっかりしていきたいと思います。

そして、理学療法士としても
ピラティスをもっと多くの人に広めていきたい。
ピラティスをもっと知ってもらい、
ピラティスをもっと手軽に受けてもらえる環境に!
その思いの実現に一歩一歩近づくこと。

そして、大切な大切な、
家庭とのバランスをとっていくこと。
家族の理解あっての、この仕事。
どちらも大切な、エネルギーの源。
感謝をしつつ、支え、支えられながら、
マイペースでやっていきたいと思います。

最後に、
昨年もピラティスをとおして、多くの方との出会いとご縁がありました。
今年も、身体への気づきと身体と心のつながりを追求し、
より多くの方と素敵な時間を共有できますように!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。










 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。