スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

マレーシアのピラティス研修に参加してきました!

先週水曜日から5日間の日程でお休みをいただき、
マレーシアのコタキナバルで開催されたPolestar Pilates Retreat2016に参加してきました。

クアラルンプールから国内線に乗り換えて2時間かけてコタキナバル空港に到着。
空港からタクシーでさらに40分。
まちからすっかり離れた海岸にある大きなリゾートホテルの中に研修の会場があり、

IMG_0046.jpg

プールとプライベートビーチ!
ゆったり、開放的な雰囲気の中でたっぷり4日間ピラティスに浸ってきました。

IMG_0045.jpg

IMG_0047_20160928010857e44.jpg

食事はといえば、甘さとスパイシーな香辛料の混じった香りが食欲を刺戟するレストランがいくつかあり、
お料理も楽しませていただきました。

IMG_0048_20160928010858dd6.jpg

こちらはホテルのロビー。
スタッフの方はみなさんいつも笑顔で、宿泊のことで少し面倒なことをおねがいした時も
嫌な顔せず気持ち良く承諾してくださり、感激しました。

ただ、時間がゆっくり流れているようで、なぜこんなにのんびりなのだろうと思うときも。
しかし、ふだんの生活で時間に追われて余裕がなくなっていることに、ふと気付くのも、良い経験になりました。

IMG_0050 (1)

さて、肝心のカンファレンスですが、タイトルは「Making Connections」
世界で活躍するPolestar Pilates の11人ものEducatorがプレゼンターとして集合し、
私たちは素晴らしい学びの機会を得ることができました。

IMG_0051_20160928010901a31.jpg

初日のプレカンファレンスのワークショップでは、
改めて基本のツールであるスクリーニングテストを、さらに深めていくことで、
多くの情報を得てクライアントさんを総合的に判断し、適切なエクササイズの指導に結びつけていけることを実感しました。

そして、その後のワークショップは興味のある話題ばかりで、絶対に聞き漏らすまい!と気持ちは焦ったのですが、
やはり英語での聴講で頭の中は悪戦苦闘のフル回転でした。

少しずつワークショップの内容を整理しながら、今後のレッスンに還元していきたいと思います。

しばしの間、お休みをいただきまして皆様にはご迷惑をおかけしましたが、
おかげさまで素晴らしいワークショップに参加でき、しっかり充電もしてきました!

本当にありがとうございました!

Thank you for reading!

Yumiko





 
スポンサーサイト

抗加齢医学研究会に参加してきました!

「第5回運動器抗加齢医学研究会」の参加のため、福岡に行ってきました。
これは、抗加齢医学会の分科会として、運動器抗加齢医学会が承認されて初の学会とのこと。
大変興味深いテーマでしたので、この日をとても楽しみにしていました!

タイトルは
「運動器抗加齢医学の現在と未来 治療と予防の最前線とリエゾン(他職種連携)の夜明け」

高齢者の健康寿命に関わる医療、介護、栄養、フィットネスなど、
それぞれサービスは異なりますが、今後いかに連携していくかということが重要な課題となっています。

IMG_0012.jpg

最先端の研究や臨床で活躍する先生方からの発表は、どれも大変驚かされる興味深い内容でした。
関節軟骨の再生医療や、膝、股関節や脊椎疾患の最新治療、
宇宙飛行士の筋骨格系の廃用予防対策としての研究開発など、
こうして一度に話を聞くことができる素晴らしい機会でした。
IMG_0014.jpg

海外招聘講師の米国骨粗鬆財団専門教育委員等、全米理学療法士協会Bone Health 委員会委員長でもあり、
PMA(Pilates Method Alliance)理事でもあるSherri Betz先生から、
骨粗鬆症のリハビリテーションに関するエビデンスについてたくさん聞くことができました。
IMG_0011.jpg

演者の先生方は医師、運動生理学研究者、管理栄養士、理学療法士と多岐にわたる分野ですが、
それぞれが膨大な情熱をかけて、長年にわたって試行錯誤しながら結果を生みだす過程、
そのごく一部かもしれないけど、垣間見ることができたような気がします。

その情熱のもとは、その先にいるひとりひとりの患者さんなんですね。
なんとかして元気になってほしい、もっと活動的に快適に過ごせるはず。

少し前までは、いかに長く生きるかということに向かっていた研究も、
今はいかに健康に快適に生きるかという質の向上に向かっている、そんなことを実感しました。

自分に何ができるだろうか…
すごく考えさせられた一日でした。
IMG_0013.jpg

Thank you for reading!!
Yumiko 

Thorax&Pelvis Courseに参加してきました

先週は4日間のお休みをいただいて、Diane Lee先生の胸郭と骨盤のコースに参加してきました。
このコースのタイトルの詳細は
"Understanding the Relationship Between the Thorax and Pelvis using The Integrated System Model"
「統合システムモデルを用いて胸部と骨盤の関係性を理解する」

カナダの理学療法士の先生ですが、世界中で講演や講習会をおこなっており、
日本で開催されるコースは大変人気で、今年ようやく受講することができました。

最新の研究をくまなくリサーチした広い知識と長年の臨床経験、症例ひとりひとりを丁寧に評価して治療経過を追っていくスタンスで、理論的に体系付けられた統合システムモデル。
書籍だけでは理解できない、細かい評価治療技術の部分に今回実際に触れることができました。

このコースでは評価にじっくり時間をかけます。
相手のひとつひとつの微妙な動きを私たち自身の感覚を全て使ってわかるようにするため、集中して挑みました。

つねに相手の全体像を捉えながら、パズルを紐解くように解明していきます。
Diane先生の提唱するように、まさにクリニカルパズルですね。
理論的で、患者にとって本当に必要な要素を導き出し、多面的なアプローチで展開する。
そのアプローチはつねに柔軟で、ケースによってひとりひとり異なり、進化していくべき、と。

単に評価方法や治療方法、つまりテクニックだけを学ぶのではなく、
統合システムモデルの考え方を直に学べたことが、わたしにとって本当に大きな収穫です。
そして、今までやってきたことをさらに突き進めていけば良いのだと、
改めて実感することができ、充実した4日間でした。

IMG_0008_convert_20150905201459.jpg

IMG_0010_convert_20150905201521.jpg

IMG_0003_convert_20150905201553.jpg

初日に行われた懇親会は、まさにスカイツリーから徒歩1分もしない場所のイタリアンで。
IMG_0007_convert_20150905201359.jpg

せっかく学んだことを今後の臨床に生かしていくために、
そして理解不足でできなかったことをお互い復習が必要だねということで、
関東圏の同期生で復習会が実現しそうです。
もしも東京近郊で連絡のついていない同期生の方がいらしゃったらお声をかけていただければと思います。
IMG_0001+(1)_convert_20150905201321.jpg

Thank you for reading!
Yumiko 

英語力のスキルアップのために

昨日は4回シリーズの「Learn Franklin Method in English」というワークショップの最終日でした。

停滞気味だった英語の勉強を、今後どこに照準を当てていくか、
そのためにはどのように勉強していったらいいか…
そんなことを考えていたときに目に飛び込んできたfacebookでのワークショップ案内の告知に、
すぐに申し込みをしました。

このワークショップの目的は、Franklin Methodを英語で教えてそれでよしというものではなく、
Franklin Methodを通して英語にどのように取り組むべきかということを
一緒に考えていくというものです。

参加者の英語レベルも異なるし、目標も当然異なるけど、
body workを職業とするという点で、悩むところや疑問点はすごく共通していました!

とにかく、参加して英語で話すことが大事なのですが、
最初は皆さん、緊張して話すのに時間がかかっていたけど、
少人数で居心地のいい雰囲気と講師の先生方の楽しい講義で、徐々に会話も積極的に。

また、実際に英語でクライアントさんにレッスンをする練習。
クライアントさんに動きを的確に伝えるには、できるだけシンプルな言葉で!
わかりやすい言葉を選んで教えることが大事ですね。

実際に英語でピラティスを指導する機会にも恵まれているのですが、
本当に簡単な言葉でいいんだなというのが実感できました。

9月以降はさらにチャレンジの、リーディングとディスカッションのワークショップも企画されています。
本を購入して事前にかなり予習していく必要がありそうですが、内容も興味深い題材なので、
今からとても楽しみです!

まずはその本の前に、読もうと思って一度挫折した本にチャレンジしたいと思います。
ゆっくりペースにはなりますが、スキルアップしていきたいと思います。

IMG_1763.jpg

IMG_1775.jpg


さて、最終日ということで、会場近くの素敵なイタリアンレストランで打ち上げ。
カジュアルな雰囲気も良く、ワインもたっぷりいただきながら、
素晴らしい講師の先生方と仲間との出会いに感謝しつつ、楽しい時間を過ごしました。

IMG_1761.jpg

Thank you for reading!








 

腰痛のセミナーに参加してきました

いつの間にか、もうすっかり桜が満開の日曜日です。
今日は新橋のヤクルトホールでおこなわれた腰痛のセミナーに参加してきました。

かなり以前からチェックしていた、運動療法関連の著者としても有名な林典雄先生の講演です。

普段クライアント様と接する中で一番多い訴えが腰痛です。
脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎椎間板ヘルニアなど、原因のわかっている方もいれば、
特に何かある訳ではないんだけど、ずっと腰痛に悩まされていて…
腰痛といっても症状も程度もいろいろです。

このセミナーでは、様々な腰痛の病態を、機能解剖学の深い知識や最新の研究から紐解いていきます。
それぞれの病態にどのような運動療法をすべきかが大変わかりやすく紹介され、本当に充実した内容でした。

資料がとても豊富で、神経支配や血管系の詳細な解剖学などもわかりやすく、
また超音波を中心とした画像所見がふんだんに使用されていました。

まさに今担当している方の病態と結びつけて考えられるので
今提供させていただいていることの裏付けが出来たり、また新たな展開を考えたりと、
さらに腰痛を追求していけそうです。

th_52932367b0778c4943a7f843a77e33e7_s.jpg

さて、ゆっくりのペースで綴っておりますこちらのブログですが、
スプリングスのトップページからインストラクター紹介の私自身のページに移動させていただきました。
スタジオとしての記事はスプリングスブログに、個人としてのブログはいままでどおりこちらへ更新していきますので、今後も是非立ち寄ってくださいね!

スプリングスブログはこちら
インストラクター紹介 Yumikoのページはこちら

Thank you for reading
Yumiko 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。