スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ピラティス講習会@仙南病院

GWも半ばになりました。気温がグンと上昇し、今日は気持ちの良い風がスタジオ内を吹きぬけます。
GW中もいつものお客様や、そして体験レッスンなどで、お陰様でスタジオが賑わっておりました。
それでも真ん中に当たる昨日今日は少なくゆったり。

さて、ブログの更新もようやくということで。
少し日が経ってしましましたが…

4月24日日曜日は久しぶりに宮城県角田市に、ピラティス講習会の講師として行ってまいりました。
いつもは仙南病院に伺うのですが、今回は車で20分くらい離れたところにある同じグループ病院の仙南中央病院で。

こちらの病院は東北大震災で建物が倒壊してしまい、建て直したとのこと。
のどかな風景の中に佇む病院ですが、こちらも、仙南病院も震災直後はライフラインが途絶えて孤立してしまい、本当に大変だったと聞いています。

前回は仙南中央病院の作業療法士の皆さんも仙南病院に来てくれて、骨盤底について勉強しました。
ですので今回は、2回目の方と初参加の方も。

今回は、仙南病院と仙南中央病院の理学療法士・作業療法士の皆さんに、歩行をテーマにエクササイズを提供させていただきました。

IMG_0052_20160426005025e45.jpg

病院の広い体育館は、小中学校の体育館のよう。
バスケットゴールなどもあり、患者さんが体を動かすのにとてもうらやましい環境です。
今回は、広さをたっぷり、思いっきり使わせていただきました。

IMG_0051_201604260050241dd.jpg

まずは、ピラティスの基本的な要素をベースに、いかに効率的でスムーズな歩行につなげるかを考えながら、
エクササイズを進めていきました。

そのために必要な足底の感覚、足指や足関節の柔軟性、股関節の動きと骨盤の意識、
そしてもちろんコアの筋肉や脊柱の動き、
胸椎の回旋がスムーズにいかないと他の部位に負担がかかってしまいます。
肩甲骨の動きや、上肢の筋肉の使い方も重要ですね。

いろいろな姿勢で固有受容斯くにも働きかけます。
後半は立位でバランスや歩行の応用トレーニング。
IMG_0053.jpg

そして、歩行の各フェーズごとに必要な要素を、細かく分けて、
実際にクライアントさんにどのように指導したらよいかも、体験してもらいました。
クライアントさんに足りない要素を分析することが必要ですが、
こうして歩行に応用していくことで、なぜこのエクササイズをするのか繋がって考えることができます。

クライアントさんにわかりやすい、シンプルな動きで、わかりやすいキューイング。
歩くのが楽になると、歩くのが楽しい!もっと歩きたくなりますね!
IMG_0054.jpg

ランチを挟んでかなりたくさんのエクササイズをしました。
普段使っていないところが…きてるきてる!という感じで
数日は筋肉痛かもしれませんね。

「明日から患者さんに使えそうです!」「足が大きく出せる!歩きやすくなりました!」
「歩く姿勢が変わりました!」
そんな感想を聞くことができました。

ご参加の皆様、お疲れ様でした!
次回は夏、また伺いますのでよろしくお願いします!

Thank you for reading!!
Yumiko
 
スポンサーサイト

仙南病院ピラティス勉強会「産前産後の骨盤底機能の変化とアプローチ」

11月もあと1週間となり、秋は勉強会の講師やワークショップ参加などでいつも何かが目前のゴールにある感じで
あっという間に過ぎてしまいました。

スプリングスで9月からスタートした月1回の機能解剖学講座、そして9月27日の「カラダを考えるスキルアップ勉強会」、10月18日の仙南病院ピラティス勉強会などの講師。
その合にPolestar Pilates養成コースアシスト、先週のピラティスメディカルワールド参加、月に1回の英語で解剖学講座参加など。
インプットアウトプットともに充実して毎日が過ぎていきました。

さて、まだまだこんな感じで年末まですすみますが、
遅くなりましたが10月18日の仙南病院ピラティス勉強会の報告を。

今回はピラティスというより、産前産後の骨盤底機能についての講義、
実際にそのアプローチ方法についての実践をしていく、約5時間の勉強会を担当させていただきました。

パワーポイントの資料は、骨盤底筋の仕組みをしっかり理解できるよう、
解剖図にはかなりこだわって作成しました。

骨盤底筋や腹横筋の触診、エクササイズの誘導方法、
自主トレの方法、日常生活での注意事項なども写真を多く盛り込んだ内容です。

出産未経験の若いセラピスト、また男性セラピストも多かったので、
妊娠によるカラダの変化を、姿勢や運動機能だけでなくさまざまな生理学的変化を、まず説明しました。
それが、妊婦さんや産後の患者さんにどのようにアプローチするかにつながるからです。

講義では、実際に動いて確かめながら機能解剖学とエクササイズをつなげるという形ですすめていきました。
頭では理解できても、動きが適切にできるか、大変難しいですね!

いかに骨盤底筋が過剰な努力ではなく、つまりぎゅーっと締める感覚ではなく、
つなげるという感覚なのだということを、イメージキューや手技的な誘導方法を工夫して
患者さんに合わせて使い分けることが必要であると思います。

IMG_0166_convert_20151124181624.jpg

IMG_0164_convert_20151124181707.jpg

IMG_0161_convert_20151124181541.jpg

IMG_0160_convert_20151124181447.jpg

IMG_0158_convert_20151124181407.jpg

IMG_0156_convert_20151124181201.jpg

今回は、本当に基本的な動きが中心でしたので、
もう少しエクササイズとしての動きにも次回に踏み込んでお伝えできればと思います。

次回は2月くらいの開催になるか、まだ日時は未定ですが。
さらに充実した勉強会になるよう、しっかりまた準備していきたいと思います!

Thank you for reading! 

仙南病院ピラティス勉強会 足部のモビライゼーションの応用

2週間ほどたってしまいましたが、7月5日日曜日に、
まだ梅雨入り前の仙台に、ピラティス勉強会の講師として行ってきました。

東北新幹線の白石蔵王駅まで、いつものようにスタッフの方がお迎えに来てくれました。
山道が続いたあとは、一面の緑の広い田んぼの中を走る感じで。
道も空いていて早めの仙南病院到着。

まず午前中はスタジオから持参したサークルを使ったマットエクササイズ。
いろいろなマットの動きをサークルを使うことで、意識の仕方がかなり変わってきます。
中心に向かう力を使うので、よりコアの筋肉を使い、軸が伸びるのをサポートしてくれます。

またサークルを使った下肢のストレッチは、身体の硬い男性参加者にはすごくやりやすかったと思います。
サークルの弾力が股関節へのセルフモビライゼーションになったり、
内転筋の強化はもちろん、側臥位でのエクササイズがより効果的にできますね。

普段はなかなか鍛えられない脇の筋肉や上腕三頭筋、肩甲骨の下のあたりなど、
翌日に「筋肉痛きました!」「普段使っていないところが使えて楽しかった!」との声をいただきました。

th_11539583_850341838380462_6616954846835183527_n.jpg

午後は歩容をチェックしながらの、下肢のアライメント改善を目的とした、
チェアのエクササイズに足関節のモビライゼーションを応用しながらやってみました。
適度な抵抗があることで、よりクライアントさんのアクティブな動きを引き出しながら、
正しい動きに誘導することができます。

局所的な動きから、徐々に日常の動作に近い動きのエクササイズを、
リフォーマーやチェアを使って、足部などのアライメントを修正しながら。

最後は久しぶりの記念撮影です。
チェアを囲む感じで。

th_IMG_1789.jpg

th_IMG_1795.jpg

th_IMG_1796.jpg

次回は少し間が空きますが、10月18日の予定です!
仙台周辺で、ピラティスに興味をお持ちの理学療法士さん、作業療法士さん、
いらっしゃいましたら気軽にお問い合わせください。

Thank you for reading!!
Yumiko


 

仙南病院ピラティス勉強会、脊椎の術後の患者さんへの応用について

先週土曜日のスプリングスでの勉強会の講師とその後のスプリングス忘年会
翌日の早朝から上野発のやまびこで仙台へと、ややハードスケジュールでしたが、
久しぶりの仙南病院でのピラティス勉強会の講師を、今回も楽しく担当させていただきました

新しいスタッフも2人加わり、
ピラティスへの興味のきっかけになればいいなと思います。

そして退職したスタッフが受けに来てくれて、
和気あいあいと楽しい雰囲気のスタッフ達です。

今回のリクエストは、脊椎の手術後の患者さんにどう応用したら良いか。
圧迫骨折や、脊柱管狭窄症の手術後のリハビリに
どのように取り入れていくかを紹介させていただきました。

午前中のマットクラスはベーシックなエクササイズが多かったのですが、
とくに体幹をニュートラルに保ちながら出来る背臥位や側臥位のエクササイズは
すぐに応用できるものですね。

午後からは自分の身体を見つめ直そうということで、
苦手な動きに、あえてガッツリと取り組むスタッフたち!
次回の身体の変化がとても楽しみですね。

th_IMG_1809.jpg

th_IMG_1808.jpg

th_IMG_1807.jpg

仙台の光のページェントの開始には間に合わず…
来年こそは見てみたいです

IMG_1805.jpg

次回のピラティス勉強会は2月22日(日)を予定しています。
ピラティスに興味のある仙台周
よかったら一度のぞいてみませんか?

Thank you for reading!
Yumiko 

第8回カラダを考えるスキルアップ勉強会「知っておきたいひざの疾患」

昨日は第8回カラダを考えるスキルアップ勉強会でした。
タイトルは「知っておきたいひざの疾患〜解剖からひざ痛のメカニズム〜
Masakiインストラクターが講師を務めました。

ひざ痛はとてもなじみのある訴えですね。
高齢者ではなくても、若い方でも、スポーツで、日常生活で、膝痛に悩まされるのを聞くことが多いです。

運動指導の場面でも、どう対処したら良いかわからないというのも良く聞きます。
そこで、まずどこに問題があって痛みが生じているのかを理解する必要があります。

そのためにまず膝関節のバイオメカニクスを理解します。
膝関節の構造、半月板、靭帯、筋肉等について。

そして一般的に見られる膝痛に関連した疾患を説明しました。
下肢全体のアライメントの重要性を痛感しますね。

後半の実技では膝関節の動きをお互いに確認して、
ベーシックなひざ痛の方向きのエクササイズをおこないました。


IMGP0708_convert_20140707185712.jpg

IMGP0711_convert_20140707185800.jpg

IMGP0706_convert_20140707184509.jpg

あおむけでの重力の影響の無い状態でのエクササイズでアライメントにフォーカス、
徐々に負荷を増やして最後は階段の上り下りにつながる
チェアを使ったエクササイズも体験していただきました。
実際にこのように日常生活で応用できるように指導していく必要があります。

IMGP0718_convert_20140707185840.jpg

ご参加のみなさま、熱心に聞いてくださり、また活発に質問や日頃困っていることをシェアしてくださり、
充実した勉強会になりました!ありがとうございました!
IMGP0722_convert_20140707185920.jpg

次回は9月に第9回をおこなう予定です。
詳細が決まりましたらウェブサイトにアップします。
スプリングスピラティススタジオ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。