スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

今年の母の日のプレゼントは、エクササイズ関連で!

今週末は母の日ですね。
私事ですが、今年の母の日のプレゼントはエクササイズ用のウエアを調達しました。

2年前の片方の乳癌の部分切除の後、1年後に見つかった反対側の乳癌への抗癌剤治療、乳房全切除の手術を終え、
ようやく退院したと思ったら…
そろそろ30メートルくらいの近所のスーパーで買い物しようと外出したら、
自宅すぐ横で転倒して大腿骨頸部骨折でまた入院。

めげることなく、人工骨頭置換術後のリハビリにせっせと励み、
しっかりとした足取りで、今も実家の和菓子店の店頭で相変わらず接客をこなす81歳の母ですが…

「最近週2回運動しに体操教室に行ってるの!」
とのこと。
さんざん娘の私が運動をすすめても、私はいつも働いてるから大丈夫!と聞き入れなかったのです。
いや、そうじゃないんだけどな〜

しかし、「友達に誘われて断りきれずにね、行くことになっちゃったの。」
最初はそんな始め方でしたが、そうは言いながらもしっかり続いているようです。
きっかけはどうであれ、続けることが大切!

骨粗鬆症もあるのでピラティスに通って欲しいのですが、
田舎なのでスタジオはもちろん無いですし、フィットネスクラブはちょと…。

ちょうどよく、車を走らせ10分くらいのところにできた女性専用の小規模トレーニングジムで、アットホームな雰囲気が気に入ったようです。

いつもはプレゼントはなにがいいと聞いても、特に無い感じでしたが、
今年は自ら「体操用のエウアをプレゼントして!」とリクエストがありました。

明るい色合いと、動きやすさを重視してコーディネートしました。
ついでにtoe sox(滑り止め付き5本指ソックス)も入れて、送りました。

IMG_0012_1.jpg


その母は再来週、東京都美術館で開催中の「若冲展」を見に日帰りで上京する予定です。


Thank you for reading!!
Yumiko




 
スポンサーサイト

熊本地震の炊き出し用支援についてのお礼

まずは、前々回のブログでお知らせしました熊本地震の炊き出し用の支援物資のお願いに関して。
ブリボンの平木さんから、多くの方々にご協力いただきたくさんの物資が集まり、何回かに分けて現地に送らせていただき、炊き出しなどに活用されましたとのご報告がありました。
皆様の温かい気持ちに本当に感謝していますとのことでした。
皆様本当に有難うございました!

現在物流も回復してライフラインが整いつつありますが、
熊本市の中心にある、お世話になったお店では食器など割れるものは全て割れ、
損害は途方もない状況とのこと。
お店が通常営業できるようになるにはまだ時間がかかるようです。

現地では、
再開できるお店もあれば、困難を極め廃業を決めているお店も多いとのこと。
まだ避難生活がしばらく続く状況、今後仮設住宅の問題も山積みだと思いますが、
企業や個人の店舗の今後も、取り巻く状況はまだまだ長く厳しく、
私たちの想像をはるかに超えることだと思います。

避難所での生活は本当に大変ですね。
毎日のニュースでは、避難所での生活によるストレス、体調不良、
プライバシーの確保が難しいことによる様々な問題、
衛生環境や今後は子供や学生の勉強の環境、体を動かしたり遊び場の確保など、
様々な問題が取り上げられています。

長期的な支援が必要となってきます。
私たちにできることは本当に小さいですが、なんらかの形でできる支援を続けていけたらと思います。

Thank you for reading!!
Yumiko

 

熊本の地震の被災者の方への 〜炊き出し用の保存食を〜

このたびの熊本を中心とする震災で亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。
また、被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

今なお余震が続き、多くの被災者の皆様が辛い思いをされていることに心を痛めます。

スプリングスのインストラクター、そして会員様、
私の身近な人たちも、家族や親戚が震災の被害に遭い、不自由な生活を強いられていると聞いています。
すぐに帰りたくても帰れずもどかしい思いをしています。

私も、少しでも何か力になれることをと…
今後スプリングスでチャリティーイベントを開催していこうと計画中です。
すでに受付中のGWスペシャルイベントもチャリティーとして開催させていただきます。
復興には本当に長い時間がかかると思いますので
できる範囲のことを、少しづつですが。

そして、
春のイベントでも協力いただいたり、日頃から行き来している同じビルの飲食店の
BRIBONさんのオーナーの平木さんも熊本出身で、
やはり遠く離れた故郷のためになんとかしたいという気持ちでいっぱいです。
熊本近郊の飲食関係のお知り合いの方々が、被災者のための炊き出しに行くので、
そのための食材として缶詰などの保存食を集めて送りたいとのことです。

ご自宅にある範囲のもので大丈夫ですので、賛同していただけましたら、
お近くの方やレッスンの後でお立ち寄りできる方など、ご協力いただけますと幸いです。
スプリングスまでお持ちいただいても、私の方でかわりに届けます。

炊き出しのための救援物資については、保存のきくものでお願いします。

以下、BRIBONさんのウェブサイトから平木さんのメッセージをそのまま掲載させていただきます。


今回の震災にあわれた中九州(熊本地域、大分地域)の皆様へ

まず、この度の震災でお亡くなりになられた方々へ謹んで哀悼の意を表します。
また、そのご家族、ご親族の方々には心よりお悔やみ申し上げます。
そして被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
辛く耐え忍ぶ時間が続くかとは思いますが、心丈夫にしてがんばり下さい。

私は熊本県水俣市の出身で、高校卒業後10年間熊本市内のレストランで修行しました。
この間に指導して頂きました、親方や先輩、お客様、そして多くの仲間のお陰で今の自分があり
こうしてお店をやらせて頂いてると思っています。
その熊本でいま多くの方々が苦しんでる様子を見ると、遠く離れていますが心配でなりません。

私もこのBRIBONを通して何かしらの力添えをしたいと思います。
本日より少しずつですが、熊本・大分の食材を使って料理を提供していき
生産者やその関係者の方々の少しでも今後のお力になれればと思います。
そして義援金箱を設置させて頂きます。
地震が落ち着きましてもその後の回復には時間も費用も要すると思います。
皆さまのお気持ちが被災された方々の手助けになるよう、確実に責任をもって届けます。
それと缶詰などの救援物資(なるべく保存きくもの)を当店までお持ち頂けないでしょうか。
熊本出身で近隣県で飲食業をやっている方々が炊き出しをやる準備をしてます。
その方がたに届けるよう私も準備していきます。
現地いくことができない私には今はこれぐらいのことしかできませんが、ほんの少しでも助けになりますよう考えていきますので皆様のご協力をよろしくお願いします。

BRIBON 店主 平木文明

Thank you for reading!!
Yumiko
 

お花見2016@imuzio garden

先週の週末は東京近郊は桜が満開のお花見日和でしたね。
私もその数日前の木曜日、川口市のImuzio Gardenでお花見を楽しんできました。

お花見の時期に訪れたのは初めて。念願の訪問でした。
いつもはバラの時期に伺うことが多いのですが、満開の桜のときに行くことができました!

IMGP3548.jpg

IMGP3570.jpg

まだ少ししか散っていないので一番の見ごたえだと思います。
ソメイヨシノだけではなく、大島桜など数種類の桜がきれいなグラデーションを作ります。

IMGP3530.jpg

ガーデン内を歩くと春の花が次々に咲いて賑わいを見せています。

IMGP3537.jpg

IMGP3545.jpg

IMGP3541.jpg

ガーデン内のカフェは天井が高く落ち着いた空間。

IMGP3572.jpg

カフェの大きな窓のそばのカウンター席。
どの季節も、緑いっぱいのガーデンを眺めるのは素敵ですが、桜の時期は最高です。

IMG_0036.png

ヘルシーなプレートランチと美味しい季節のパイをいただきました。

IMG_0037.png

追いかけるようにバラの季節が近づいています。
とても楽しみです。

Thank you for reading!
Yumiko

 

舞踊による絆に感動〜3つのダンスの世界〜

先週末から5日間お休みをいただき、理学療法士対象の、
女性の骨盤底に関する評価治療の研修会に参加してきました。

IMG_0048.jpg

お休みの間、クライアントの皆様にはご迷惑をおかけしましたが、
骨盤底機能障害に関して最先端で活躍される米国の先生からの研修会を受けるという、
素晴らしい機会でした。

明日からまた皆様に還元できるよう、ひとつひとつ正確に
自分のなかに落とし込んでいきたいと思います。

そして研修の期間中ではありましたが、昨夜は池袋の芸術劇場でおこなわれた、
「目白三人の会」という豊島区主催の催しを観に行ってきました。

IMG_0052.jpg

日本舞踊、現代舞踊、クラシックバレエという全くジャンルの異なる舞踊で構成されていて、
初めてその世界に触れる人にもその感動が伝わってくるのではと思います。

これは、目白に拠点を置く3人の舞踊家の先生が30年も前に始められたとのこと。
なので30周年だそうです。

「踊りはすべての人のもの」とのコンセプトで、
地域の人々に見てもらうために始めたとのこと。

IMG_0049.jpg

IMG_0050.jpg

IMG_0051.jpg

3つともまったく表現のちがう舞踊ですが、人の心に訴え、感動を与えるまでに作り上げる過程は、
とても厳しくもあり、心を通わせて時間をかけているのだと思います。

3人の舞踊家の先生どおしの絆に、そして出演者のみなさんの胸を打たれる素晴らしい踊りに感動しつつ、
そんな素敵な目白という街でスタジオを続けていけることに感謝しつつ芸術劇場を後にしました。

Thank you for reading!!
Yumiko
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。